CIA日本人教諭による日本語クラス盛況

分享
 
CIA學生上日文課討論對話練習情況

CIA日本人教諭による日本語クラス盛況

中信学校財団法人が有する中信金融管理学院の敷地内に新たに高校が新設された。台南市中信実験教育機構と呼ばれる高校で、これまでの台湾における教育方式とは異なる授業が行われている。台湾各地から進学を希望した若者たちが学内の寮で親から離れて共同生活を行いながら勉学に励んでいる。

授業はその大半が英語で行われ、ネイティブのアメリカ人、イギリス人、カナダ人などの講師が授業を担当する。英語教育が重視される中、その他の外国語学習にも重点が置かれている。フランス語、スペイン語、ドイツ語などヨーロッパ言語が選択できる中、台湾で人気のある日本語と韓国語も同様に第二外国語として選ぶことが出来る。第二外国語もネイティブの講師が担当する。他の第二外国語クラスに先駆けて開講された日本語の授業も盛況だ。

クラスでは反転授業方式が採用され、自律的な学習が奨励されている。生徒たちは予め講師から送られてくる講義に関する資料やビデオを予習して授業に臨む。限られた学習時間内での学習をより効果的にすることが目的だ。

日本からの留学生が生徒たちの日本語学習を助けている。普段の授業のあと、夜間の自習時間に交替で生徒たちの会話練習が行われている。将来世界で活躍する若者たちが集う学び舎での日常は国際色に溢れている。

 

CIA日籍老師授課日語課程大受好評

為向下紮根教育,中信學校財團法人今年於中信金融管理學院中新辦了「臺南市中信國際實驗教育機構(CTBC International Academy,簡稱CIA)」。CIA為實驗教育機構,機構中的課程與台灣一般的高中課程不一樣,除了台南在地的學生之外,也招收其他各縣市對實驗教育理念認同的高中生,透過住宿及團體生活讓孩子體驗學習獨立自主的生活經驗。

CIA中大部分的課程採英文授課,授課老師來自美、英、加拿大的外籍老師,利用全英語沉浸式教學讓學生體驗國際英語教育。除了英語教育之外,第二外語也是CIA所重視的,校內除開設法文,西班牙文,德文課程外,廣受台灣學生喜歡的日文與韓文課程不可或缺的重要課程,透過該語言的母語老師授課,讓學生更精實地學習第二外語,尤其是本學期先開設的日文課程,更受學生好評。

日文課程採用逆向教學法,鼓勵學生自主學習,老師提供上課所需資料,學生針對老師提供的需求主動準備上課教材,透過此方式讓上課在有限時間內更有效率,學生在沉浸式的逆向教學學習環境中自主學習,不僅加深學習印象,更添增國際競爭力。

分享