校園公開活動初體驗

分享

中信國際實驗教育機構(CTBC International Academy,CIA),於106年末舉辦了一場校園公開活動,這也是CIA的學生第一次辦理公開活動。為了讓CIA的學生家長關心並掌握孩子們在校園裡面的學習狀況,CIA邀請了學生家長以及對CIA有興趣的孩子們一同出席這場活動,共襄盛舉。

CIA共有三間成果展示教室,分別是語文成果教室、社會科學成果教室、數理科學成果教室,是由Daniel、Henry、Jeffery三位外師精心規劃並打造,既溫馨又不失專業。活動當天,每一間教室展覽著CIA同學在各堂課所做的作業、報告、實作、練習、活動等紀錄,並以照片、影片、學習單、記錄簿、成品等方式呈現在大家的面前。

校園公開日當天,家長們非常關心學生在校園內的表現,CIA更在公開日活動結束後,安排與會家長及學生與鄭欽哲執行長、陳品璋主任、凌嫦君老師等師長們進行了面對面會談,針對參觀公開活動後的意見及心得進行交流,並針對CIA未來發展方向進行討論。

期待下一次的校園公開日,CIA學生能夠展現更不一樣的作品,藉由每次的活動,一同見證並紀錄學生們的成長。

半年間の成果を示す成果発表会

12月最後の金曜日、12月29日に中信国際実験教育機構(CIA)で成果発表会が行われた。この日にあわせてCIAでは様々な準備が行われた。二階には新たに三つの分野に分けられた成果展示室が設けられ、来賓の父兄にこれまでの様々な分野における成果が展示された。

三つの展示室の設置にあたり、外国籍の講師たちが中心となり部屋のデザインが行われ、英語を始め、様々なクラスの成果物が展示された。授業で用いられた様々な道具や機材、試合の様子を伝えるビデオなどが用意された。一般的な学校では見られないような教師オリジナルの学習教材など、多く学生たちの興味を引くような品々が並べられた。また、学習成果の過程が見られる工夫がされた作文の展示なども見られた。

当日は新しい教育機構に興味を持つ多くの父兄が集まった。校舎では日本語の授業が行われており、和気藹々とした雰囲気の中行われる授業の見学が行われ、授業見学の後、成果展示室の参観、今後の学校への要望などの意見交換会が行われた。鄭執行長、陳主任が主席を勤める中、約一時間に渡る盛んな意見交換が行われた。

細胞學老師請中信國際實驗教育機構的學生利用黏土製作放大版的細胞。

中信國際實驗教育機構專業教室牆上展示著物理課程學生們的比賽作品

中信國際實驗教育機構學生:這是我們曾經踏過的足跡

 

分享